お金研究所のblog

お金に関する話題をニュースや文学など、様々な切り口でご紹介したいと思います。 住宅ローンは例外として、借金をすることは絶対反対です。車も現金を貯めてから買いましょう。まずはお金を貯めてから行動をしてほしいと思います。 特に奨学金については、金を借りる前に、他に策がないかをしっかりと考えて行動してほしいと思います。

株式投資

天才投資家B・N・F その戦略と野望を探る

2005年に発生した「ジェイコム誤発注事件」により、B・N・Fさんは”ジェイコム男”の名前で、広く世間に知られるようになりました。
「10数分で20億超を超える利益を上げた投資家」として、それは羨望というよりは、他の人の失敗を狡猾に掬い取りあぶく銭をかすめ取ったグレーに近い投資家としてクローズアップされました。しかし、当の本人は「いつもと同じで冷静だった」と述べている通り、株価の異常な値下がりを見て、”必ず値段を戻す”と判断した、日々の株式の売買をの結果に過ぎませんでした。

当時、B・N・Fさんは、80億近い資産を運用しており、20億の資産増加は、他の人が「80万円が100万円になったよ」程度のものであり、特別に喜んでいる様子でもありません。また、まぐれでも儲けたものではありません。
その後、資産は200~300億を軽く超えていると考えられることからも、彼の投資才能は飛びぬけております。

ソフトバンクの孫正義社長からもその才能を見込まれて、資産運用を依頼されたこともあるようです。B・N・Fさんは、”他人の資産運用はやりたくない”と、きっぱりと断っているようです。

まだ、1978年なのでまだ30代・・・。資産拡大はまだまだ続きそうです。
そのような、天才投資家の、これまでの実績や手法を学ぶことは、大いに役に立つが多いと考え、もう少し実像を探ってみましょう。

続きを読む

ZOZO TOWN ”超速経営の光と影” 永久成長の夢!

ZOZO TOWNを運営している企業「スタートトゥデイ」の経営は絶好調を極め、売上・営業利益・経常利益・純利益と、全てにおいて毎年2割以上の増加を、ここ3年くらい続けている。
株価についても、3年前からすると、6倍くらいに上がっており、株主においても、日本トラスティ、日本マスター信託口、外資などが並び、今後も当面はこの絶好調経営は終わりそうにない。

私も5月の記事でも

ミレニアル世代の投資術 ”「3S」投資 新世代の流儀” 日経ヴェリタス

スタートトゥデイを取り上げました。
続きを読む

今、「日本株の暴落は起こらない」このカラクリを語る!

日経平均は2万円を挟んで行ったり来たり、ジム・ロージャースをはじめとした著名の投資家も「当面は持ち続ける」と語っております。

先週も地政学的リスク(北朝鮮のICBM騒動)で株価は下がり、しばらく維持していた日経平均2万円台も割り込んでしまいました。
また、中長期的に見た場合、日本には「少子高齢化」という、避けがたく厳しい未来が控えております。
それなのに、どうして「日本株を当面は持ち続ける」このようなことが言えるのでしょうか?
続きを読む

ジム・ロジャーズ 未来への投資 日本株は上昇するか!

先日、紹介したCOURRiER Japon / Kodansha Ltd 「私が10歳の日本人なら、ただちにこの国を去るでしょう」ジム・ロジャーズは、後半は有料記事であるため、契約しておらず読むことができません。

そこで2016年末から、最近(2017年6月)までのジム・ロジャースのインタビュー記事などをベースに、今後の日本経済や投資に対する取り組みについて、推測してみたいと思います。
親日家のジム・ロジャーズが「日本経済の破滅」を予想する最大の理由 ...
ジム・ロジャーズ氏は円高に異論、日本株は保有継続 :日本経済新聞






続きを読む

「株式投資で負けないため」の秘策! ”しくじり先生”大いに語る

7回にわたってご説明した「株式投資を始めよう!」
で私のダメダメぶりをわかっていただいたと思います。
同時に、文章を読まれた方は、”これはやってはいけない”などのポイントが、何となくわかってもらったと思います。
今回は、失敗しないための注すべき点をまとめてお知らせしたいと思います。

”しくじり投資家”であった、私が”しくじり先生”としてご説明します。



続きを読む

株式投資を始めよう! 7/7 ”ITバブルを越えて” 国破れて山河在り

歴史の真っ只中にいるときは、その時に何がおこなわれているのか、それが歴史的に大きな存在であるのかどうかなど、全くわからないものである。
後に「ITバブル」と命名された、1999年後半~2000年春の株価の上昇と暴落も、なかなか体験することはできない貴重な経験であった。大変高い勉強代であったが。

それでも「生き残り」、命がつながったことに感謝しないといけないのであろう。
もう少しで完全に荒波に巻き込まれて、木っ端みじんと人生そのものを破壊されてしまうところであった。
「国破れて山河在り」
株式上場で資産評価が膨張して1億に達した時も、暴落後ほとんどの資産をなくした時も、生活は何も変わっていなかった。
普通に仕事をしていた。
何も変わっていない・・・・・

続きを読む

株式投資を始めよう! 6/7 「本日も晴天なり」 熱狂と冷静と

ロシアの小説家の小説を読んでいると、没落した貴族の話がよく出てくる。
立派なお城のような豪邸に住んでいた貴族は、ある時を境に、乞食のような生活を強いらている。
そんなお金をにまつわる話は、あくまでの異国の地のフィクションと思っていた・・・・

光通信は、購入翌日よりストップ安となった、翌日も、その翌日も・・・
24万円まで戻すとは思っていなかったが、せめて2~3万円でも戻せば売却して、資金を作るために次の手を打とうと思い、勝負に出た銘柄がこの惨状である。

「このままでは追証になりかねない」
と考えると気が気ではなかった。

続きを読む

株式投資を始めよう! 5/7 「これはバブルなのか?夢なのか!」 白日夢・・・

正月が過ぎ、投資信託を購入して半年が経過し、評価額は約1.5倍になっていた。
証券会社の担当者に投信を売りたいと伝えると
「まだ売ってもらったら困る」と言われた
「投信を売った金で、個別銘柄を買いたい」
と伝えるが、結局売ることが許してもらえなかった。

1999年11月にソフトバンクの株を57000円で購入した100株単位なので、570万円で購入した。
その後大きく下げることなく、2000年2月15日には、220,000円となり、ソフトバンクだけで1600万円以上の評価益が出るようになっていた。
これまで1度も大きな下げがなかったソフトバンク株が、2月23日に16,000円台を記録して1週間で500万円以上下がることが発生した。

果たして、今後どうなるのか極めて不安である。


続きを読む

株式投資を始めよう! 4/7 「半年で総資産は4倍に」 我が世の春

IPOで1週間で800万円の利益を得た後、
証券会社の担当者よりいろいろな注文が付けられた
「IPOで儲けたのですから、こちらの要望を聞いてください」
そのように言われ、400万円分投資信託を買わされる羽目になった、
当時相場は上昇相場であり
「まあいいや」
そんな軽い気持ちで、投信の購入を受け入れた

また、信用取引についても積極的に推奨され、これを始めることにした。
1999年当時は、様々な制約が有ったのか、大手証券会社なので特別なのかわかりませんが、
「信用取引を始める場合は、2000万円の預かり残高が必要です。また信用調査もさせてもらいますが、よろしいですか?」
このようなことを言われた、
続きを読む

株式投資を始めよう! 3/7 「IPOが当たった!」 1週間で3倍に!

「オオクボの初値がつきました。売ってください」
証券会社の担当からの電話は興奮気味に話します。
「1200万円です。今すぐ、売り抜けてください」

何しろ、ビックリです。
約10日ほど前に
「400万円を2~3日以内に準備してください」
と言ったかと思ったら、今度は
「1200万円です。今すぐ、売り抜けてください」
何がどうなっているのでしょうか?

株を本格的に始めようと思い、まだ2週間経っていないのに、
”株価は3倍、利益は800万円”


続きを読む

株式投資を始めよう! 2/7 「やっぱり株ですか?」 様々な選択肢。そして株

S銀行男性行員の顧客を見下す態度に激怒して、お金を引き出すことを決めたものの、
これまで銀行や郵便局の利用しか経験がないので、何をすべきか、かなり悩みました。

・不動産投資
・為替売買。日経225先物
・投資信託
・株式投資
・商品先物
・アフィリエイト
・個人輸入代行
・一時払い養老
etc

全ての可能性について、検討をしました。
投資信託については実は一度痛い目に合っております。
大学生の頃「100万円貯まったら、郵便局の定額貯金」と決めていたのですが、一度だけ浮気心で、証券会社に相談に行くと、
続きを読む

株式投資を始めよう! 1/7 「どうして投資を始めたのですか?」激動の始まり

株式投資の勉強会を始めてから、14年ほどになります。
メンバーが毎月集まり、各自の相場への考えなどの意見交換をおこない、
相場観を磨く勉強会です。
ここで知り合った方々も、株式投資を始めたからこその出会いです。

株式投資の本を沢山読み、「株を始めようかな」と話をする人がいますが、
そのような方は、「株式投資=博打」このような思いが払しょくできない方が多いようです。
10万円以下でも株式投資はできますので、まずは最初の一歩を踏み出すことをお勧めします。

私自身はたいして儲けることができず、投資歴18年ほどになりますが、
誰かの投資の歴史を知ることを、自分自身の成功のヒントやリスクの回避につながると思います。
これから7回くらいのシリーズで、私自身の株式投資歴史の一部をお知らせしたいと思います。


続きを読む

今度の2万円は違う! 強くなった日本企業 日経ヴェリタス 5月14~20日

【記事の要約】
2015年6月に、バブル後最高値をつけた日経平均株価(2万0868円)、この時は1ドルが123円。
今回の相場は、”金融政策によるサプライズや円安の追い風を受けていない”が2万円前後。
上場企業は、2015年6月に比べ、為替が12円以上高くても、最高益を更新し、売上高純利益率は4%を超えている。
為替に揺さぶられず、独自の事業モデルで稼ぐ「強くなったニッポン株式会社」に対して、海外投資家は5月第一週までに5週間で、9100円買い越している。
・ミスミグループ本社(9962)
・エムスリー(2413)
<新旧2強に明暗>

続きを読む

ミレニアル世代の投資術 ”「3S」投資 新世代の流儀” 日経ヴェリタス

日経ヴェリタス 477号(4月30日~5月6日)に、
ミレニアル世代の投資手法についての特集が組まれている。

ミレニアル世代とは、凡そ今世紀になって成人を迎えた世代で、現在30代の世代をしめしている。
日本国内においては、この世代の人口比率が少なく、米国に比べても3割程度と、社会に与える影響も小さいと考えられる。現在はシニア世代の人口比率が大きく、特に団塊の世代(1947~1949年産まれ)を中心とした世代の影響力は大きいが、やがてて現役を引退し、ミレニアルを中心とした、新世代の社会的な影響力は大きいものになると考えられる。
米国においては、Facebookのザッカー・バーグなどがこの世代の中心となり引っ張っていっているが日本においては、まだまだその影響力は限定されている。

この世代の三つの特徴として3Sを挙げている
・Smart・・・ITスキル、合理的
・Social・・・きずな、社会参加
・Shering・・・シンプル、もったいない

続きを読む
ギャラリー
livedoor プロフィール