S銀行男性行員の顧客を見下す態度に激怒して、お金を引き出すことを決めたものの、
これまで銀行や郵便局の利用しか経験がないので、何をすべきか、かなり悩みました。

・不動産投資
・為替売買。日経225先物
・投資信託
・株式投資
・商品先物
・アフィリエイト
・個人輸入代行
・一時払い養老
etc

全ての可能性について、検討をしました。
投資信託については実は一度痛い目に合っております。
大学生の頃「100万円貯まったら、郵便局の定額貯金」と決めていたのですが、一度だけ浮気心で、証券会社に相談に行くと、

「かなり資産が増える可能性が高いですよ。損失が出る恐れがありますが、おそらく大丈夫です」
このような説明を受けて、100万円で投信を買いましたが、2~3年後に解約したら、100万円を切っていました。通常通り定額貯金にすればよかったものの、大変悔しい思いをしました。
だから、証券会社にはあまり行きたくなかったのですが、

「不動産は。お金がかかるので足りない」 *1999年頃はまだREITはありませんでした。
「商品先物は、破産した人が多く危険」
「一時払い養老保険は、利率が減ってきておりメリットが減ってきた」
「日経225先物は、運だけのようで難しい」 *1999年の頃はFXはありませんでした
「個人輸入代行は、英語が苦手」
「アフィリエイトはノウハウがよくわからない。周りでやっている人を聞いたことが無い」
などの消去法で、結局証券会社に相談に行くことになりました。

会社の近くに、D証券とN証券が有ったので、まずは口座を開設することになりました。
投資に関する本は何冊も読みましたが、
「株式投資は、ファンダメンタルズとテクニカルの両面から銘柄選びや、売買タイミングを判断できるので、投資で資産を残せる可能性が高い。競馬などのギャンブルと違い、減っても0になることはほとんどない」
このような一文が株式投資に入り込んでいった理由と言えます。
不動産も魅力がありますが、投資額が大きく、サラリーマン投資家は銀行から大きな借金を抱えて不動産投資をおこなっていることが多いようですが、必ずしても成功するとは限りません。
大きな負債が元で、自己破産するリスクもあります。

銀行預金が2000万円以上あることを、証券会社の担当者に伝えたら
「もったいない、それだけの資産があれば、様々銘柄への投資が可能となり、資産が2~3倍に増えることも、十分あり得ます。現在マーケットは上昇相場ですので、今参戦しないでいつ始めるのですか・・・」
銀行で”資金が少ない”と見下されていたのに、ここでは「そんなに資産がある」と、いろいろな投資手法や銘柄を提示してくれます。

「もしかしたら、株式投資は面白いかも・・・」
そう思いながら、100万、200万円と少しずつ、資金を移動していきましたが、なかなか株式が買えません。
試しに買った、凸版印刷は全然動きません、むしろマイナスです。

ある時、証券会社の担当者より電話が入りました
「イソさん、銀行にかなりお金を預けてましたよね?3~4日以内に400万円準備できますか?もし、できるのであれば、支店長にIPO銘柄をイソさんに割り当ててもらえるように話をします。その銘柄は”オオクボ”で精肉や焼き肉屋をやっています。かなり上がると思います」

肉業界のこと、オオクボの名前も初めて聞くし、IPOが何であるかもよくわかりません。
どうせ、銀行に預けていてもたいして増えるわけではないので
「400万円準備します」と答えて、
上場の日を待っておりました。

果たしてどうなるのか・・・・



社会・経済ランキング

クリックのご協力をよろしくお願いします
スポンサードリンク